- 新着情報一覧

新着情報 | 鍼灸とBody Care フロント・アンド・リア - Part 24の記事一覧

様々な痛みは二足歩行の宿命??

2021.10.24 | Category:

今回は、後脚の骨盤についての話です。
今までは、後脚を動かすだけであった骨盤の仙腸関節。
二足歩行になったために関節にかなりの負担がかかってきます。
後脚も5つの関節から構成されています。
仙腸関節、股関節、膝関節、足関節、足の指の関節の5つです。

二足になった事で、5つの関節に今までにない負荷がかかってきます。
特に仙腸関節は平面の関節なので、骨盤に上半身の体重がかかると、どうしてもズレてきます。
(四足の時は後脚を動かし安い平面関節が、二足になったことでズレ安く、このことが仇となってしまいました)
ズレてくると、関節周りの筋肉はズレないように収縮します。
収縮により骨を引っ張り上げるので、引っ張られた足は短くなります。

よく左右の足の長さが違う人を見かけますが、関節がズレることが原因です。
こうなると、体が傾きますので、反対方向に側湾したり、膝頭を外に向けたりして高さを調整します。
さらに、左右の足の長さの違いによって、土台となる骨盤が傾くことになり、肩の高さや、頭の向きにまで影響します。

バランスのとれた正常な姿勢を保つため、傾けるなどの調整の負担がピークに達すると、ついに痛みの出現ということになります。
腰痛、膝痛、捻挫は言うに及ばず、肩痛、頭痛、歯痛から眼痛まで、色々なところに影響します。

これらの痛みの原因の元となる骨盤の仙腸関節を治す方法として、やっぱり這い這いがいいのではないでしょうか。
簡単に、いつでもどこでもお家の中でもできますから。

肩甲骨と可動域

2021.10.19 | Category:

前回は、『スマホ首の壊し方』の中で四足歩行のお話をしました。
今回は、その中に登場した前足(上肢)の肩甲骨についてお話しします。

上肢の関節は5つに分類されます。
まず初めは最も重要な肩甲骨、次に肩関節、その次が肘関節、そして手関節、最後に指の関節と続きます。
各々の関節の可動域が狭かったり、動きが悪かったりした場合、中心から発せられた力はかなりのロスを生じます。

中心から10の力を出したとしよう。
肩甲骨で1、肩関節で1、肘関節で1、手関節で1、指の関節で1。
合計で5の力が失われます。
すなわち、10の力は末端の指まで行く間に半分になってしまうわけです。
このエネルギーのロスは、かなりもったいない事です。

これを改善するためには、まず上肢の始まりである肩甲骨から治していく必要があります。
前回登場した這い這いは、いつでもどこでも道具なしにできる理想的な改善方法です。

日常生活では、肩より上に腕を持っていく機会が少なく、肩甲骨の可動域を狭める原因になります。
しかし、普通に生活できてしまうため、あまり気にならない人が多いようです。
そこで可動域を拡げる方法として、ラケットを振り回して肩甲骨を動かすようにすると効果的です。
エアーテニスやエアーバトミントンなどで、いろいろな角度から振り下ろしたりすくい上げたりして、肩甲骨を動かしましょう。

このような肩甲骨の可動域を拡げる試みは、辛い首こり肩こりの改善にもつながるので一石二鳥です。

スマホ首の壊し方

2021.10.18 | Category:

スマホ首の作り方の続編になります。

元々人間は他の動物のように四足歩行をしていました。
背骨に内臓の入った袋をぶら下げている状態で、背骨の先に頭がくっついていました。
この時の背骨は頸椎、胸椎、腰椎が暖簾の竿のように同じ太さでした。

進化して二足歩行になると、一番下の腰椎は、他の骨と同じように内臓をぶら下げているだけでは済まなくなります。
体重を支えなくてはいけなくなり、太く大きくなりました。
頸椎や胸椎と協力して内臓をぶら下げていた本来の使い方ではないため、負荷がかかり腰痛の原因となります。

スマホ首は頸椎ですが、胸椎や腰椎も関係してきます。
四足の時は真っ直ぐでよかったこれらの骨は、二足で立った事で、各々カーブを作ってバランスを取りました。
ですので、頸椎を調整するためには、胸椎と腰椎も調整しなくてはいけなくなります。

これらを一気に解決する方法があります。
赤ちゃんの頃やっていた這い這いです。
這い這いは全ての骨を本来の負荷のない使い方をします。
その上、前足にあたる上肢を肩甲骨から使います。また下肢にいたっては骨盤の仙腸関節もしっかり使うので、肩こりや腰痛予防にも役立ちます。
最大のメリットである肝心のスマホ首はどうでしょうか?
そのままですと顔は地面に向いていますので、顔を上げる必要があります。
この状態は、スマホを覗き込むのとは正反対の首の動きとなります。
顔を上げて正面を向いて這い這いすれば、骨のバランスも取れてスマホ首から解放されます。

スマホ首の作り方

2021.10.17 | Category:

首の骨(頚椎)の本来あるカーブが真っ直ぐになった状態をストレートネック(スマホ首)と言います。
この状態は必要があってこうなっています。

ドライビングポジションを例に説明します。
まず、運転しやすいように座面を上げたり、前に出したり、背もたれを倒したりして調節します。
次に、ハンドルの位置も上げたり、手前に持ってきたりとこれまた調節が必要となります。
ランバーサポート付きのシートは、腰がしっくりくる位置まで調節します。

このドライバーにピッタリのポジションが、車から降りるたびにやらなくてはいけなくなったらどうでしょう?
コンビニやスーパーの買い物、家族の送り迎え、その度ごとにやらなくてはいけません。
セットしたポジションがいつもキープされていたらどんなに便利なことでしょう。

首にも同じことが言えます。
ニュートラルポジションからスマホを見るためにストレートネックを作ります。
スマホを見るのをやめるとまたニュートラルポジション。
またスマホを見てストレートネック。これを繰り返しているうちにストレートネックのままの方がしっくりくるようになります。なにせ時間的にはスマホやタブレットを見ている方は長いのですから。
首のカーブをいちいち変えるのも面倒です。

スマホ首を作るためには、その状態を維持しなければなりません。
そこで筋肉君が頑張ってその状態をキープするのを助けます。
筋肉君は疲れてくるその姿勢を維持するために頑張ってさらに硬くなります。そして、血流が悪くなり発痛物質や老廃物が溜まって肩痛や首の凝りが生じます。

この状態を治す方法は、鍼治療が一番です。
ご自分でやるとしたら、シールタイプのものでも良いので押して痛みの強く出るところに貼っていきましょう。
鍼を貼った状態なら筋肉が硬くならないし、動かして安いので、スマホ首になりにくくなります。

湿布の正しい使い方

2021.10.15 | Category:

湿布には大きく分けて、温湿布と冷湿布があります。
どちらも消炎鎮痛を目的とした貼り薬です。

温湿布は温かく感じるだけで、温める効果はありません。
また、冷湿布も冷たい感じがするでけで、冷やす効果はありません。

どちらの湿布が良いかと言うと、急性の痛みには冷湿布、慢性の痛みには温湿布と言われています。
ですが、貼ってみて気持ちの良い方が合っていると思います。
合わない場合は、冷湿布はひんやりして長くは貼っていられない状態ですし、温湿布も唐辛子に含まれるカプサイシンの効果で、ヒリヒリして長くは貼っていられない状態です。

あと、常に湿布を貼り続けている方がいますが、皮膚が過敏になって赤くなったり、痒みが出る場合もあります。
貼り薬とはいえ薬ですので、副作用が出現することもありますのです、ほどほどにされた方が賢明です。

最後に、湿布を貼ると血液の流れが悪くなります。
身体に痛みや炎症がある時は、その部位を早く治すために血管を拡げて血液の量を増やします。
その際無理矢理血管を拡げる修復痛が痛みを増幅させます。
湿布を貼ると、痛みを抑える代わりに修復のための血液量を減らすので、それだけ治るのが遅くなります。
ですから痛みのピークを過ぎたら、少しずつ貼る枚数を減らしていくとよいでしょう。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒470-1124
豊明市三崎町井ノ花6-15 エステートIII 101

駐車場

6台あり

ご予約について

当院は予約優先制となっております

定休日

木曜・水曜午後・日祝午後