- 新着情報一覧

新着情報 | 鍼灸とBody Care フロント・アンド・リア - Part 28の記事一覧

それ以外の医学 波動についての私見 3

2021.08.02 | Category:

これから述べる内容はあくまで私見でありますので、悪しからずご容赦ください。

波動を一言でいうとしたら、『量子の医学』です。

ここに山があります。
頂上が身体が健康を取り戻した、一般的に治ったという状態です。
頂上に登るルートは無限にあります。
最初からある道、切り開いてつくった道。
崖を登っても頂上に行けます。
しかし、道に迷ってしまうかもしれません。
また、時間をかけても頂上に立てるとは限りません。

これらの登山方法やルートを、いろいろな医学に当てはめる事ができます。
西洋医学は、西洋医学の登り方、東洋医学は東洋医学のルート、その他の医学もそれぞれの特徴のあるやり方で頂上を目指します。
これらの道を歩いて登ったり、斜面や崖を登ることは、普通に思いつくやり方です。

では、量子の医学はどうやって登るのか?
頂上に行けば良いのです。ならば誰も思いつかない奇抜な方法で頂上へ!
道を使わず、一気にヘリで着陸。これで終了です。

西洋医学には、手術で治す外科と投薬で治す内科があります。
外科も、脳神経外科、胸部外科、整形外科、形成外科など多くの科がありますし、内科も呼吸器内科、循環器内科、内分泌内科、消化器内科などこれまた多くの科が存在します。
眼科や耳鼻咽喉科などを加えると標榜はかなりの数になります。
それぞれ得意分野の診察から診断、処置のやり方も異なります。
病気の原因は病名の数ほど沢山あります。

東洋医学には五臓六腑という考え方があり、大きく分けて5つのグループのバランスで治していきます。すなわち病気の原因は5つのどれかです。どれであれ5つとも常に治療していくので、原因がはっきりしていなくても原因となったところを必ず治療したことになります。

波動医学は一つの方法があるのみです。すなわち、周波数を調整するだけで終了します。
病名も関係ありません。
ただ、反応のあるところの調整だけで治す事ができます。
他の医学とは全く考え方も治し方も違う方法、正に『量子の医学』たる所以です。

続く

それ以外の医学 波動についての私見 2

2021.07.30 | Category:

良いもの、役に立つものが、日の目を見るまでには時間がかかります。
ある科の教授が言っていました。その方はハーブの研究をされていました。
教授曰く「世の中には西洋の薬よりもっといいもの、効くものがたくさんあります。
でも決して世に出ることはないでしょう。」

前置きはこれくらいにして、1の続きの漢方薬の話に戻ります。
東洋医学診療センターでは、毎月だったと思いますが、広瀬先生による漢方薬の勉強会が開かれていました。病院の職員なら誰でも参加できました。しかし、いつも東洋医学診療センターのメンバーだけの勉強会でした。たまにドクターも顔を出す事がありましたが、他のドクターからは変人扱いされていたようです。その頃は、まだまだ漢方は認知度が低く、そんなもの効果があるのかと鼻で笑われていました。
それでも徐々に漢方薬が各科でも使われ始めました。
そんな中、肝臓疾患の患者に漢方薬を処方したところ、患者が次々と亡くなるという事故が起きました。このことで、漢方薬は危険だ!漢方は怖い!という噂が広まってしまいました。
薬ならどれも同じだと考える西洋医のしたことで、漢方医だったらこのようなミスは絶対あり得ません。
死亡事故の原因となった漢方薬は柴胡剤です。柴胡とはセリ科のシシマサイコの根です。
配合漢方薬としては、柴朴湯、柴苓湯、小柴胡湯、大柴胡湯などがあります。

元々漢方薬は1剤に複数の成分が含まれ複数の症状に効果があります。
西洋医学のように訴えの数だけ何剤も処方することはしません。
この事故は、漢方の薬が東洋医学の考え方を基に作られているということをしっかり理解していないことによって起きたものです。
漢方薬は毒の成分とそれを中和する成分が丁度良いバランスで調合されています。
2剤を組み合わせる際、同じ成分の量が多いまたは少なくなることで、毒が中和出来なくなります。言い換えれば、毒を服用したのと同じことになります。

この事故によって、西洋の薬と漢方薬は全く違う考えに立って生まれたもので、処方に対しても各々の考えに立って行う必要があるということが教訓となりました。
そして現在では、西洋薬、漢方薬、両方の長所を生かした医療が行われています。

いろいろあって表舞台に立った漢方薬。
次はお待ちかねの波動の話です。

続く

それ以外の医学 波動についての私見 1

2021.07.29 | Category:

病気や怪我の治療を受けたい場合、選択肢は次の二つになります。
西洋医学(現代医学)かそれ以外の医学。
それ以外を医学と呼んでいいのか?ちなみに鍼灸は医療類似行為で、厳密に言うと治療はNGワードになります。
法律では治療ができるのは医師だけで、勝手に治ってもいけないことになっています。
すなわち自然治癒力は存在せず、あくまでも医師による治療を受けて、初めて治る事ができるということです。
蘭学(西洋医学)が日本に入ってきて、法律上西洋医学が中心の医療体系ができる以前は、普通にそれ以外の医学が当たり前のように行われていました。

元々西洋医学は兵隊さんの怪我を治すところから始まっていますので、救急医療は得意な分野です。ですから1分1秒を争う緊急事態には西洋医学以外の選択肢はありません。

西洋医学以外のやり方が劣っているかと言うと、そんなことは全然ありません。
私の大学病院時代、麻酔学の教授が漢方に精通していて、そんなことから東洋医学診療センターを引き受けて頂きました。そもそも東洋医学科は存在しないので、どこかの科が引き受けなくてはいけなくて、麻酔科が名乗りを上げて麻酔科外来東洋医学診療センターが誕生しました。その教授の漢方の師匠が、日本で5本の指に入る漢方の大家、広瀬先生でした。

今は漢方は医学生でも習いますし、薬局では漢方と書いてあるだけで何倍もの売り上げがあり、医師から漢方薬を処方してもらっただけで大喜び、漢方薬を出してもらえないとヤブ医者扱いになる程、世の中は大漢方ブームになっています。
そんな漢方も、少し前までは、それ以外の医学の仲間でした。そして、今では考えられない不運な運命を辿ってきました。

続く

妊活中の戦略的要因 『電磁波』

2021.07.25 | Category:

戦略的要因とは、目的を達成するために妨げになるものの事を言います。
一つずつ妊活の妨げになるものを取り除いていけば、妊娠という目標を達成する事ができます。

最初は、かなりの強敵『電磁波』です。

脳と身体を守るために、携帯電話を枕元に置かないようにしましょう。
携帯電話は使用していなくても常に中のアプリか稼働しています。
人体に悪影響を与える電磁波が飛び交っていますので、目覚まし代わりに置いているのであれば、機内モードにしましょう。(携帯電話の電磁波は飛行機の計器を狂わせてしまうくらい強力であるという事です)

最近は、在宅勤務でご自宅でお仕事をされる妊活中の方も多いと思います。
パソコン類は、充電しながら操作しないようにしましょう。
また、アースを接続すると、電磁波の影響が小さくなって、肩こりやドライアイなどの症状を軽減させることができます。

家事についても家電製品を使わないわけにはいきません。
電子レンジや洗濯機などアース線の付いているものは、必ず繋ぎましょう。
冷蔵庫は常に電源が入っているので、強い磁場が発生しています。
必要な時以外はあまり近づかない方が良いかもしれません。

電磁波は、海外では人体に悪影響を及ぼすということで、しっかりとした基準や規制がありますが、日本では、そういった基準のようなものはほとんどないのが現状です。

電磁波アレルギーという病気があるくらいですから、妊活中の方は特に電磁波に対する注意が必要です。
もし電磁波の影響が出たとしても、鍼灸の配穴(ツボの組み合わせ)による施術や波動器で除去すること事ができますし、最悪にも電磁波アレルギーになってしまった方の治療も可能です。

ご自身でも出来る方法として、裸足で土の上に立つ、手で樹木に触る、お風呂に入るなどの行動でも、身体に溜まった電磁波を除去する事が出来るようですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

続く

近い将来 鍼灸師は絶滅危惧種。???

2021.07.22 | Category:

いろいろな業界の方にお伺いしますと、このままの状態が続くようなら、技の後継者がいなくなってしまうとのことです。

偉そうなことを言っている私にも当てはまる、緊急事態です。
私はお灸に関しては、、鍼灸マスターではありません。
鍼灸マスターとは匠の技を持った鍼灸師のことを言います。
スーパードクターに対抗して、私が作った名称です。

自分としては、鍼に関しては、この名称を名乗っても大丈夫だと思っています。
14経絡を駆使して身体を調整できるからです。

鍼灸業界はすでに、鍼の刺し方に制限があり、電気治療も習わないとのことです。
昔ながらの剣豪(鍼灸マスター)は一代限りとなってしまう可能性があります。
勉強のために鍼灸院の門を叩いても、師となる先生自体が変更後のカリキュラムしか習っていなければ意味がありません。

製造元も番手の縮小を迫られます。
太い鍼や長い鍼のニーズがなければ作っても売れませんから。
鍼灸は、皆さんが思っている以上にいろいろな症状に効きます。
また全国には腕に覚えのある剣豪がたくさんいます。

彼らが絶滅する前にお近くの鍼灸院で凄技を体験してみてください。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒470-1124
豊明市三崎町井ノ花6-15 エステートIII 101

駐車場

6台あり

ご予約について

当院は予約優先制となっております

定休日

木曜・水曜午後・日祝午後