- 新着情報一覧

新着情報 | 鍼灸とBody Care フロント・アンド・リア - Part 29の記事一覧

禁鍼穴・禁灸穴 不妊編2

2021.07.20 | Category:

不妊治療に限らず、禁鍼穴や禁灸穴をどのように扱うかという問題があります。
最近の鍼灸の書籍には、禁鍼穴や禁灸穴の記載がないものもあるようです。

そもそもツボというものは、身体を調整するスイッチのようなものです。
用を成さないスイッチが存在するはずもなく、経験上の注意事項のようなものと考えるのが妥当だと思われます。であるので、慎重に施術すれば問題ないレベルです。
現に多くの鍼灸師は、禁鍼穴や禁灸穴を使っています。

近年はインターネットの普及に伴い、東洋医学の情報も多く取得することができるようになりました。この中には何故禁止なのかわからない根拠に乏しい禁鍼穴や禁灸穴があります。
これら禁止の経穴が、書籍やインターネット情報によってまちまちであることからも、禁止理由が経験の相違であることを物語っています。

経験を積んだ鍼灸師であれば、身体の状態を診ながら適切な刺激を与えることで不妊治療を行うことができます。
症状にもよりますが、毎日鍼灸院に来る方は稀でしょう。
毎日自宅で鍼や灸をされている方は、毎日鍼灸院に通っているのと同じことです。
刺激量には十分気を付けてください。良かれと思ってやっていることで残念な結果を生むこともあります。

鍼灸の刺激量と施術部位のお話 不妊編1

2021.07.20 | Category:

不妊に対して鍼灸の施術は、かなり有効であると思われます。
効果があると言うことは、逆も然り。
最近はご自宅でお灸を据えたり、シールタイプの鍼を貼ったりする方が増えています。

鍼灸師による鍼の施術は、身体の状態の変化を見ながら刺激量の加減をします。
針先からの情報を感じながら刺激していきます。
また鍼の刺激は、鍼の太さと長さにも比例します。

お灸はと言うと、本来は、皮膚に直接艾を置いて線香の火を移せばよいのですが、最近は台座付きのせんねん灸が重宝しております。
お灸の刺激量は、温度の違うせんねん灸を使って調整します。
お灸自体は温めるので補瀉は補になりますが、多く据えて瀉とすることもできます。

鍼灸院での灸は、灸の種類や据え方の技術で、状態の変化に対応できます。
しかし、ご自宅での灸は、注意点が多々あります。
重要なのが据える部位と刺激量です。これを間違えると大変なことにもなりかねません。
お灸に詳しい方の指導があると、ご自宅で安心してお灸ができると思います。

また、シールタイプの鍼も長さがいろいろあるので、貼る部位によって使い分けた方が良いです。貼るところを間違えたり刺激量が多いと逆効果の場合もあります。

続く

次回は禁鍼穴や禁灸穴についてのお話です。

鍼灸って名称は同じでもやり方が異なれば全くの別物???

2021.07.15 | Category:

身体の調子が悪くなると病院やクリニックを訪れます。
程度によっては、ファーストチョイスが治療院の場合もあります。

現代医学(西洋医学)は病名さえつけば、北海道から沖縄までほぼ同じ治療が受けられます。
中でも優れたドクターを『スーパードクター』と呼んでいます。

治療院と称するものは、施術方法によってその種類も数多あります。
私は鍼灸師ですので、整体やカイロなど他の業界の内情は詳しくありませんので、鍼灸に限ったあくまで個人的な見解で話を進めます。

まず、鍼灸師は正式名称ではありません。
はり師ときゅう師は別の資格になります。大体の方が両方の資格を有していることから鍼灸師と呼ばれています。

はりの得意な方、きゅうの得意な方、その両方を使い分けたり組み合わせて施術される方などさまざまです。
ただここで問題になるのが、西洋医学のようにどこに行っても同じ治療が受けられるか?ということです。
100人いれば100通りの違った考えで施術が行われます。
スポーツに例えると鍼灸院ごとに種目が違うようなものです。
サッカーを習いに行ったらバレーボールを教えてくれたり、空手だと思ったらレスリングの教室だったりみたいな感じになります。

ただ、想像と違っていたとしても、身体の訴えが改善すればそれで良いと思います。
鍼灸師は昔で言う『剣豪』みたいなものです、各地に腕に覚えにある剣客がたくさん存在します。
流派は違えどきっと満足のいく結果を出してくれます。
私はこのような方々を『鍼灸マスター』と名付けました。
西洋医学のスーパードクター、東洋医学の鍼灸マスター。

最近は野球の大谷翔平選手が旬のようですが、野球に限らず教えていただくならより技術の優れた方から教わりたいものです。

コロナワクチン接種後の患者様の治療で気づいたこと

2021.07.04 | Category:

当院の治療は、鍼灸と波動のハイブリッドです。
治療中の患者様からは、鍼灸も波動も同じ周波数を感じます。

感じ方は、個人的な感覚なので、術者それぞれ違いはあると思います。
私の感覚で同じ条件で比べた場合、接種後副反応がある方は、明らかに今までと違った揺れ方をします。
通常が縦揺れだとすると、横揺れの渦を巻いたような広がりを見せます。

これは、接種の回数には関係なく、副反応が続いている状態の方に限られます。
数回の治療で、元の周波数の揺れ方に戻りました。
その後は揺れ方に変化は見られないので、抗体ができたのだと思われます。

ちなみに、副反応の周波数が出た方の殆どがファイザー製で、モデルナ製を接種された方はお一人しか見えませんので、副反応の周波数は分かりません。
治療の際に、副反応がない方は今までの周波数とほとんど変わりないです。

以前にも、ワクチンの周波数らしき揺れを感じたことがあります。
この時は、患者様の副反応の訴えはなく、あまり強くはない周波数であったので、気にせずいつも通りの調整にとどめました。
治療自体は、影響を及ぼすものを排除して、正常な周波数を保つように体を調整します。
ですが、ワクチンの効果に影響を及ぼすものではないと思います。
ですので、私も接種して副反応が辛く思えたら、自分で治療して副反応を軽くしたいと思います。

鍼灸・波動とコロナ その3 治療

2021.06.27 | Category:

当院の患者様の中にも、1回目の接種、2回目の接種を終えられた方が徐々に増えてきました。
ほとんどの方がファイザー製で、モデルナ製の方も数人お見えになります。
一般的に言われている軽い副反応で済んでいる方々がいる反面、接種後からずっと不調を訴える方もおられます。

当院は、鍼灸と波動の両方を使って、これらの症状に対応しています。
鍼灸は、五臓六腑の変調の現れる部位を中心に、14経絡に対しての治療になります。
波動は、ワクチン接種による影響が必ず周波数に現れますので、その調整になります。
実際に治療の効果で、皆さんに早い回復が見られます。

またコロナ感染による後遺症の治療も1例ですが、効果がありました。
喉の違和感と疲労感がずっと続いていたようですが、2回の治療で概ね回復しました。

これからも患者様の中からいろいろな訴えが増えてくると思われます。
鍼灸・波動でしっかり対応していきたいと思います。

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

アクセス情報

所在地

〒470-1124
豊明市三崎町井ノ花6-15 エステートIII 101

駐車場

6台あり

ご予約について

当院は予約優先制となっております

定休日

木曜・水曜午後・日祝午後